野口 晋佐 先生

野口 晋佐
男性
血液専門医 MPN治療
所属
秋田赤十字病院 血液内科(非常勤)
秋田県秋田市上北手猿田字苗代沢222-1

この先生はどんな先生?

患者さんにとって、納得できる治療を受けるには、主治医との「相性」が大いに関わってきます。そういう意味で「パートナー」として「相性」が合うか合わないかは、医師の治療技量の差以上に患者さんの心持ちに影響が出るといっても過言ではありません。

イシュランでは、この「相性」の重要な要素が、コミュニケーション・タイプだと考えています。
ある人にとっては、ずばずばっと言ってくれる医師が合う場合もあるでしょうし、
ある人にとってはそれが非常に乱暴だと感じてしまう場合もあるでしょう。

これは、どのタイプが優れているというより、まさに「相性」の話です。

イシュランでは、医師のコミュニケーション・タイプを4つに分けて、
その医師がどのタイプなのかを患者さんからの情報に基づきわかるように、表示しています。 自分がどのタイプの医師なら合いそうか、事前にチェックしてみて頂けると、
よりご自身にぴったりな医師に出会える可能性が高まると思います。

また、受診経験がある方は、医師に対して感じたタイプをぜひ投票してみてください。あなたの投票が患者さんの助けになります。

56
学究型 23
リーダー型 3
聴き役型 21
話し好き型 9

この先生をご存じなら投票してください

数字を使ってきっちりした説明をする真面目なタイプ。 治療方針を論理的に理解・納得したい患者さんに向く。
医師自らぐいぐい引っ張る頼もしいタイプ。 治療方針をバシッと端的に示してほしい患者さんに向く。
患者の話を良く聴き受け容れる優しいタイプ。 自分の話をしっかり受け止めてほしい患者さんに向く。
楽しく前向きに患者の気持ちを盛り上げるタイプ。 堅苦しくないざっくばらんなコミュニケーションを望む患者さんに向く。

患者さんの感想

イシュランでは、患者さんからの投稿は全て一度編集部が目を通しており、そのまますぐに掲載されることはありません。誹謗・中傷に当たるような投稿が入った場合は、掲載しない、もしくは内容の変更を投稿者と調整させていただく形をとっております。

また、イシュラン運営の他の疾患サイトからの投稿も掲載されることがあります。

5

野口先生が回診に来てくれただけで治ったんじゃないかという気分になり元気になれました。土日祝日も毎日顔を見せてくれて本当に安心でした。治療内容の説明もとても分かりやすく、そして熱心ですごく気持ちが伝わってきました。ご実家の病院を継ぐために退職されたとのことでとても残念です。外来は引き続きやってくださるとのことでしたのでこれからもずっと診てもらいたいです。

2023年ごろ秋田赤十字病院で治療

野口先生は出会った事がないほど、素晴らしい血液内科のスペシャリスト!患者思いで親身になって話は聞いてくださるし、治療も安心して受ける事が出来ます。まずは、姿を見るだけで自分を安心させてくれます。出来れば赤十字病院に戻って来て欲しいです。みんなが野口先生がいなくなった事で、不安です。あの熱心な姿は私たちにエネルギーを与えてくれました。

2020年ごろ秋田赤十字病院で治療

いつも低姿勢で患者目線で接してくれていました。とても話しやすくて回診の時は病気のことを忘れるくらい楽しかったです。安心して治療を受けることができました。

2023年ごろ秋田赤十字病院で治療

病状説明の時はきちんと説明用紙と画像や検査データを提示しながら平易な言葉でお話をしてくれるのでとても分かりやすいです。

2020年ごろ秋田赤十字病院で治療

説明がとても分かりやすく、信頼できる先生です。

1

この先生の受診経験があれば、感想をお寄せください
あなたの感想がこのページに掲載され、他の患者さんに役立ちます

この先生の感想を投稿

お世話になった先生へお礼状を送りませんか?

ポスコミ

サンキューレターは、300字までのメッセージ入りのお礼状を病院や医師の方へ送ることができる仕組みです。

メッセージは公開されることなく事務局を経由して病院や医師の方へお届けします。 お世話になったあの先生に面と向かってはなかなかお礼が言いづらい、退院した時に言いそびれてしまった、個人ではお礼状を送りづらい、などはありませんか?

伝えきれなかった感謝の気持ちを私達が代行してお届けします!
(お礼状ははがき郵送サービス ポスコミ を利用してお届けします。費用はイシュランにて負担しております)

サンキューレターを送る

この先生を受診している患者さん

受診経験がある方は、ご自身の経験に基づきぜひ投票してみてください。 血液がんは非常に多様なため、医師によってよく診ているがん種とそうでないがん種が混在しています。この情報は外形的なデータからはわからないため、受診経験のある患者さんに投票して頂くことで、少しでも実態に近い姿を浮かび上がらせたく、ご協力お願い致します。
(※医師ひとりにしか投票できませんので、主治医に対してご投票ください)

受診経験がある方は、ご自身の経験に基づきぜひ投票してみてください。 骨髄増殖性腫瘍(MPN)は非常に稀な疾患のため、血液専門医であっても診療実績がある場合とない場合があります。この情報は外形的なデータからはわからないため、受診経験のある患者さんに投票して頂くことで、少しでも実態に近い姿を浮かび上がらせたく、ご協力お願い致します。
(※医師ひとりにしか投票できませんので、主治医に対してご投票ください)

1
Loading...
※病院の過去の治療実績から、回答数に治療件数を合算している場合があります

この先生に骨髄増殖性腫瘍(MPN)で受診していれば、情報をお寄せください

この先生からどの種類の疾患と診断されましたか?
【骨髄増殖性腫瘍】 (別名)
真性赤血球増加症

同じ病院の医師

秋田赤十字病院

名前 性別 資格
武藤 理3
秋田 秋田赤十字病院 腫瘍内科
男性 腫瘍内科医 臨床腫瘍学会指導医, がん薬物療法専門医 917
齊藤 宏文3
(斉藤 宏文)
秋田 秋田赤十字病院 血液内科
3 (編集部の判断により掲載しませんでした)
男性 血液専門医 血液専門医 917
現在の条件では該当がありません
絞り込みを解除してみてください

※2022年4月時点データ。治療件数は2021年4月〜2022年3月の1年間。※件数は入院のみ(外来は含みません)
写真は各病院ホームページに掲載されているものを使用しています。